« 本日の治療(第83回) | トップページ | 誤解され続ける自律神経失調症 »

2008年10月 5日 (日)

本日の治療(第84回)

11:45

今日は、治療の前に予め資料を見せて説明。

「今日は体が大変なことになっていると思います。」

そう、私は前日、都主催の多摩川ウォーキングフェスタで50kmを歩いたのだ。

私はウォーキングが趣味だが、それはこのようなスポーツ系でなく、観光主体のもの。

しかし、このところ気がつくと20km以上歩いていることがあり、行けるんじゃないかと試しに応募したら、運悪く当選してしまったのだ。

『何?羽村の取水堰から歩いたって事ですか?』

「ええ、そこからガス橋まで。距離計測したらトータル56kmでした。ええ、10時間半かかりましたよ。どうかしている(笑)」

参加者は先生くらいの、つまり60代以上の人が主体で、私なんて若手のほうだが、ゴールはビリに近い方、しかし、リタイアした人もいるので、歩き切っただけいいほうだろうとかいう話をした。

『すごいですねえ。こんな人、ここでこれまで見たことない。今後も出ないでしょうな。』

そりゃそうだ。ここにこんな強靭な体の人は普通来ない。

『大分気が高まって。体力がついたでしょう。』

先生。風邪引きにくい件もそうですが、私は自律神経失調症になる前に戻っただけです。

元々こうなんですよ。

((まあ、こういう、体が強くて壊れない人が自律神経失調症にかかりやすいらしいという話はあるが・・・))

昨日、ストレッチをよくやって、液体の湿布薬をあちこちに塗って10時間も寝たせいか、筋肉痛も少なめで、1番痛いのが右足の甲と腰の少し上の部分だという説明をしたが、

脚がパンパンになってますから、これから出ますからよく治療しときますと言っていた。

脚はそうでも無いんだけどなあ・・・まあ、よしとしよう。

そろそろ終わりかなと先生も思ったのかも知れない。

|

« 本日の治療(第83回) | トップページ | 誤解され続ける自律神経失調症 »

10.第2回目の鍼灸治療報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150074/24320681

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の治療(第84回):

« 本日の治療(第83回) | トップページ | 誤解され続ける自律神経失調症 »