« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月 6日 (日)

本日の治療(第73回)

7:40

めまいとまでは行かないが左耳が詰まったことを話した。

全体に肩が硬いと言われた。

多分、着付け教室で重いバッグを持ったのと、慣れない下駄履きをしたからだと思うけど、先生には「重い荷物を持ったから」と言ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

本日の治療(第74回)

7:15

今日はこの後、1月に亡くなった叔父の家に、初盆のため行く。

鍼灸から帰ったら、浴衣に着替えて出かける予定。

先週は結局水曜の夜、バスから降りたら軽いめまいがした。

めまいの治療をひとおり施したそうだ。

左足の薬指の付け根と右脚の薬指の裏側の付け根に銀玉を貼られた。

「食事は半分位になさって下さい。」

食欲全開の私にできるだろうか...?だいたい今日親戚に行くってのに...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

本日の治療(第75回)

11:15

相変わらず賑わっている。

今日は、友人の夏ばてについて聞いてみた。

私は子供の頃から夏ばてしたことが無い。

私は冷たいものが苦手なのでそのせいかと思ったが、実は私の母は夏場冷たいものばかり摂っているのに、これまた一切夏ばてしない。

それどころか、うちの一族は皆、どちらかというと冬に弱く(私のようにとても弱い人もいる)、

夏にはめっぽう強い人ばかりだということを最近知った。

「遺伝だけでしょうかね・・・?」

先生はどうも、私も昔は夏ばてし易かったと勘違いしたようで、あるいは、普通は夏ばてするという前提なのか、

『私も東洋医学に出会う迄は夏も冬も調子が悪くて秋と春のほんの少しの期間しか良いときが無かったの。』

と答えた。いえ、「私も」って、先生、私は「子供の頃から」夏はずっと弱く無いんです、しかも家族も。

うーーん、元々健康でストレス少ないのが普段というのが理解されていないなあ。。。

まあほとんどの患者さんが逆のようなので止むを得ないか。

普通私のような人はあまりこういう治療を受けに来ないよな、などと考えた。

『皆さん、体に感謝していないからね。夏になったら、ここから夏だと自覚を持って、夏の生活にするんですよ。冷たいものを摂らないようにするとか、夜更かししないとか、夏でもシャワーで済まさずお風呂に入るとか、冷房に当たり過ぎないとかね。それで体に感謝して、いつも働いてくれてありがとうと具合の悪くなった臓器の部分をさすってあげるんです。』

この話は私には、食欲全開で体力余りまくりの私には全くの無用の長物だが、夏ばてしている友人には一応教えてあげた。1名は試してみるといい、もう1名はせっかく話したのに早速湯上りにアイス食べたと言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

本日の治療(第76回)

10:45

このところ、週一で、目眩が出そうで出ない日がある。
「冷えが入っていますけど…?」
昨年までの自社ビルと違って事務所が貸ビルに移転したので、
貸ビルのせいで冷房がきつくなったと答えたが、
実は、このところ冷房付けっぱなしで、ソファで寝てしまった事があった。
さすがです…
目眩関連の治療を一通りしたとの事。

気がつくと背中の汗を拭いてくださったタオルをそのまま背中にはさんだまま帰って来てしまった(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »