トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月 4日 (木)

漢方専門医から心療内科医に変更する(初診)

Clinicname

2007年の正月を何とか迎えられたものの、その時、私は、漢方専門医にかかっていたにも関わらず、西洋薬の精神安定剤だけを出されていた。

『漢方少しお休みしましょうか。』

ショックだった。確かに、症状は酷かったけれども、15年前は西洋薬は一切飲まなかった(というよりどこの診療科でも「うちではないね」「どこも悪くありません」といって薬が出なかった)。
なのに、漢方専門医にかかっているのに、西洋薬....せっかく、更年期障害の可能性もあると思って女医さんに変えたのに...やっぱり最初の山田先生にしておくべきだったか?いや、違う病気なのかも…西洋薬でしか治らないなら、精神科に行く。私はそう思って、精神科だが漢方薬に詳しい先生はいないかと探していた。

ネット検索で候補が偶然2つみつかった。1つは漢方薬で治すのを売りにしている新規開業した心療内科医。
もう1つは、近所のクリニック。クリニックの外観から小児科だと思っていたが、実は精神科だった。ここは、漢方療法ではないと思うが、ネット上の評判もよく、患者本位の治療をするというのを売りにしていた。「24時間対応します」。具合も最悪だったため、近所というのは魅力的だった。なにしろ24時間具合が悪いので、24時間対応してもらえるとは心強いとも思った。

迷った挙句、「やはり前は漢方薬しか飲まないでも治った」と言う事で、まず最初に漢方療法を主体とする心療内科医にかかってみる事にし、正月早々電話をして早速当日に行った。何せ正月三賀日を待つのも辛かったからだ。

先生に、これまでの経緯と、かかった先生及び飲んだ薬を説明する。

『これはまた有名な先生で。』『山田先生の所は2回行かなかったの?』『渡邉先生は大分冷えをやっていたようだけど...なんて言ってましたか?』

「『なんだろね!?』って...」

『はーはー、そうですか。』

こんな有名な先生にかかった患者がうちに来るのかといった様子。

「今はデパスしか飲んでいないんです。治している気がしない。」

『デパスはねぇ...長期に飲むと依存性がありますからね...まだ1ヶ月ですか。』

「先生、今ではデパス無しでは眠れなくなってしまったんです!私だって飲みたく無い、でも眠れないんです、出してください、お願いします。」

私は自分が言っていることに泣きそうな気分だった。自分から精神安定剤だしてくれなどと言う事になるとは。あの時、あの時デパスさえ処方されなければ...!!
飲むことになった当初は眠りが浅いだけだった。浅いから改善するつもりで3日だけ飲めというから飲んだ。しかし、結局その後、無いと眠れないだけでなく、日中まで頓服的に飲むことになってしまった。

『鍼灸にも行ってる?どこに針打ってますか?自費になるけど、ツボ注射やったほうがいい。』

この日、ホルモンの検査と、心電図の検査をし、肩に直接ビタミンを打ち込むツボ注射を10箇所ほどした。

看護師『1回でもすごく良くなる人もいますからね。』

医師『肩が硬すぎて、うまく針が入らないね...』

「先生、私のような症状の人を診たことありますか?私の周辺にはうつ病とパニック障害になった人がいるが、その人たちにどうもそれではなさそうだと言われました。」

『心療内科はあなたのような症状の人ばかりです。』

これまでの先生が精神科系の漢方薬を出しているのに対し、冷えを取る方向の薬を出すと言う。
私が体が異常に冷えて不安定になるのにはデパスは効いていないと言ったところからそうしたようだった。

私は既に食べられないのが1ヵ月半続いていたので痩せていた。
医師は「虚証」と判断したようで、

ツムラ当帰四逆加呉生姜湯エキス(38)
ツムラ柴胡桂枝乾姜湯エキス(11)

が処方された。そして、残念ながら自分からお願いしたデパスも。ともかく、うまく西洋薬から漢方薬に切り替えるのをやってもらいたい。
保険外でも症状の緩和に役立つ事は実践しているのが前向きな感じがし、漢方の腕は判らないが、不定愁訴の患者を診るのはどうも慣れていそうなので、この先生でしばらく行ってみる事にした。

次回1週間後。予約をして帰る。1週間が長い。我慢できるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

本日の診療 第2回目

2__01_5

  • ほとんどよい時が無かった。
  • 食事は基本食べられない。食欲を感じたのは◎のところだけで、○は成人の1人前何とか食べられたという意味。
  • 日中に発作的に肩の張りが出るので、前の病院で出されたデパスを服用した。
  • 心理的な効果があってか、診察日は悪い中でも比較的具合が良い。
  • ツムラ柴胡桂枝乾姜湯エキス(11)継続
  • 昼だけ、ツムラ麻黄湯エキス(27)に変更。
  • デパスを飲まないで寝ている日があり、こういうのはやめましょうとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

病状日誌 第3週目

2__02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

鍼灸治療 初診

Image0005_3

2007年1月20日(土) 12:00

ほぼ毎日・一日中、ネット検索で鍼灸・整体の検索をしていたところ、地元に自律神経失調症の記載が上位にある鍼灸院を発見した。ホームページ上から相談・予約もできるとの事で、これまで診てもらっていたところで1ヶ月で全く改善が見られないので、メールで予約希望と連絡したところ、土曜の昼の予約となった。

初診のカルテを記載。ほとんど全ての不定愁訴の項目に丸をした状態。

「昨年の11月21日の朝目覚めたら急にこうなっていて...15年前にも似た症状になって、その時も鍼灸治療で治ったので...」首や咽も緊張が抜けないので声も上ずった感じでよく出ないが必死に説明した。

『あと、のぼせがあると、全部そろうけど...』

「あります、そんなような症状。」

『あなた、典型的な自律神経失調症です!パニック障害って知ってる?そのへん。これはね、鍼灸が一番いいの。ご安心下さい。これは必ず良くなります。体の事は私にお任せして、会社はせっかくここまでやって来たんですからお辞めにならないでね....』

いずれにしても、稼がないと食べていけないので、辞めないとは思っていたが、それ以前に、むしろこのまま治らなくて、生活保護受けるようになってしまうのではと思っていた。

もちろん、飲んでいる薬も全て書いた。デパス、ツムラ麻黄湯(4)、ツムラ柴胡桂枝乾姜湯エキス(11)。

『デパス...これは長く飲むと良くないね。麻黄湯?これは風邪薬じゃないの?普通この病気では出ないと思うけど...漢方専門の先生?』

先生は薬剤師でもあるので、薬の事もよくわかるようだった。

「麻黄湯は私が体が異常に冷えると言ったので、出されたようです。」

治療は右臍横に痛みがあると言う事で、まずは上向きで。

針を首と肩とひざ下の脚に一通り打って、その後灸。

何か、スーッとするものをつけて首を伸ばすようなマッサージがあり、その後うつむけに。

『肩から来てるようだからね。ん、ここが固い。プレ更年期っていうの聞いたことある?女性は普通ここ(腰のあたり)がもっと柔らかいので、自律神経と合わせてホルモンの治療もします。』

肩と背中に針を打つところを探しているがつぼを探すのが異常に痛い。

針と灸をして、足の裏をこするマッサージがあったが、そもそもかかと痛があり、これがまた異常に痛い。

最後に肩のマッサージ的なものがあったがこれもとても痛かった。

「次回は...あの、どれくらいの間隔で来れば?」

『鍼灸はね、2~3日後に効果がでるので、その間の様子をまたメールしてください。それで次回決めますから。』

典型的な自律神経失調症との言葉に、この先生に賭けるしかないと思い、発病から2ヶ月後、医者を変更することから遅れること2週間で鍼灸をこの先生に変更した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回の経過報告

・漢方は毎日服用しています。
 麻黄湯は多分、一番具合の悪かった06/12/18頃に
 体が熱を発生出来なくて風呂に入っても温まらない事が
 あったという話を今の先生にしたから出ているのだと思います
 (ただしその頃は現在とは別の病院で診てもらっていた)。
 現在も具合が悪いとその時ほどではありませんが
 体が冷える傾向にあります。
・体が不安定な感じになる前に眠気が出ます。
・右のおへその横が痛いことが時々あります。
・右のかかと痛は相変わらずあります。

1/20(土)  昼に初診でお願いした当日。
      朝から少し眠気あり。
      1日通してはわりと具合は良い。
      食欲は不十分だが普通に食べられた。
      寝るときはデパス服用した。
1/21(日) 朝から具合悪め。食欲今一歩だが3食食べる。
      結局、夕方まで具合悪かったので19:30にデパス服用。
      就寝時眠気があったのでデパス飲まずそのまま寝てみたが、
      眠り浅く何度か目が覚め、結局4:50に起きた。
1/22(月) 前日具合が良くなかったので、7:30にデパス服用。
      昼はまあまあの具合。
      夕方は17時頃から具合悪く、眠気と不安定感、
      21時に寝たが0時に目が覚めてしまい、デパスを飲んで寝た。
1/23(火) 前日が不調だった上、朝起きたら背中と腰が痛かったので
      9:00にデパス服用。少し持ち直す。
      昼は具合がよくなり、昼食は十分な量食べられた。
      夕方の調子はまあまあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

病状日誌 第4週目

2__03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

第2回目の経過報告

・麻黄湯は強い薬なので長期に飲めないという事で
 今週木曜までの予定です。
・夕方(17時頃から)に具合が悪くなる事が多いです。
 その時眠気があります。
・具合が特に良い時以外は不安感も感じます。
・具合がよくないとあまり人と話したくない。
 がんばって話すと胸がつかえた感じがあり鼻に少し脂汗をかく。
・右のおへその横が痛いことが時々あるのは継続。
・右のかかと痛はあまり感じなくなりました。
・夜寝る時熱く感じ、動悸がします。
・先週の水曜~金曜は
    1/24(水) 具合悪い
    1/25(木) まあまあ
    1/26(金) やや悪い
・昼食後それほど寒くない日は日光浴するようにしています。
・半身浴をやっています。

1/27(土)  朝から元に戻ったかのごとく好調。
     食欲も行動力も十分で安定。
     先生のアドバイスにより、17時迄には家に帰る。
     夕方は徐々に下がってきた。
     就寝時デパス服用。
1/28(日) 1日中具合悪め。食欲低く、3食食べたが夕食はかなり軽め。
     日中はデパス服用しなかった。具合が悪く昼少し寝た。
     就寝時デパス服用。
1/29(月) 日中1日何とかデパス飲まずに過ごした感じ。
     朝は具合今一歩。背中や腕がぴりぴりする感じがある。朝食は軽め。
     昼はまあまあの具合。
     15時位から眠気があり、夕方は足が妙に冷たくなったが、
     その後逆に全身が熱くなった。     
     寝る時も暑くてデパスを飲んで寝たが、朝早く目が覚めてしまった。
1/30(火) 日中1日何とかデパス飲まずに過ごした感じ。
     朝はまあまあ。朝食は軽め。
     胃の具合があまりよくない。
     肩~腕がだるい。
     昼はまあまあの具合。昼食は普通に食べられた。
     夕方の調子はまあまあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »