11. 東洋医学について

2008年4月 7日 (月)

医学書@国立公文書館

南北線に乗っていたら、社内広告に 「病と医療」と書かれた赤いポスターが。

080406_214601_3

よく見ると、経絡らしき人体図と、漢文で書かれているような書物の画像です。
これはもしや...
私は恐らく、お世話になった漢方医学・鍼灸などの関連書物が展示されているのだろうと踏んで、 行ってみることにしました。
国立公文書館なんて初めて来ました。
よくもまあ、こんな私にぴったりの企画展があったもんです。
早速入るといきなり「無料」。そして写真の全展示物をカラー掲載した、素敵なパンフレットをくれました。
展示といっても古書ですから、文字をガラスケース越しに見るだけです。
説明文も書いてありますが、めんどうなので、音声ガイドを借りました。これまた無料!
私はもちろん58個の全展示物に対する解説をくまなく聞いてしまいました。
『経脈図説』『傷寒論』『養生訓』を見ることができました。

驚いたのが、江戸の昔、細菌による感染症という考えが伝来する前は、結核は「心の病」とされていたとの話です。どこかで聞き覚えありませんか?やっぱりまだ判っていないのですよ。未上陸の大陸は残されているという事だと思います。

http://www.archives.go.jp/exhibition/haruaki_20_haru.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

発熱する体に変わる

私は今般の東洋医学の治療で体質が変わりました。
以前は大変寒さに弱く、変温動物かと言われたものですが、
この冬は、寒くなると体が発熱して寒さに対抗しているいます。
先程も寒空の下に1時間以上も立っていましたが、
以前なら脳貧血起こすところ、何も起こりませんでした。
相変わらず特に胴体が発熱しています。
東洋医学恐るべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

東洋医学に恋してる

今日は1日、前にやっていた化学系の研究の結果を見直して、今後どうするかについて考えるつもりでした。
一応、2006年の発病する前までの結果を並べて見ていたのですが...
正直、だんだん上の空になり、自律神経失調症のブログの更新をしはじめてしまいました。
漢方薬の検索をしていると...
何と、国立情報学研究所の論文情報データベースに、
無料公開になっている日本東洋医学会の学術雑誌を発見!
京都の漢方医の歴史やら、最近の臨床結果、21世紀の鍼灸の目指す所などなど、
興味深い話題が、さすが日本の伝統医学、理工学系の雑誌と違い、「日本語」で述べられており、
あまりの興味深さに100ページ以上印刷してしまいました...

私・・・私もうだめかも..,理工学に戻れそうに無い。
この8ヶ月以上続く凄まじい情熱はいったい何...
かといって、医学や薬学に今更転向出来ないし、

ともかく、信じていなかった、科学でない「東洋医学」は本当に効いた。

身をもって知ったことには人間興味がつきないようである...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

大学病院の東洋医学科

よく調べるとここ数年で大学病院にいつの間にか東洋医学科が出来ていた。

東洋医学というと鍼灸まで含まれるらしいが、どうせ漢方薬による湯液療法だけだろうと思っていたら、鍼灸師の方がいるのには大変感心した。

私のように、本当に鍼灸治療が劇的に効いた人間にとっては、鍼灸が正当な医療として認められるのは、本当に喜ばしい事と感じる。

[東洋医学科(鍼灸あり)を設置している大学病院]

東邦大学医療センター大森病院

日本医科大学

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

悩む!漢方医学と中医学

本日、日本薬科大学の公開講座で、
丁宗鐵先生の講義を聞いた。
講義と言っても、本当の一般向けなので、専門性は低いが、
ずっと漢方に関わって来た人の話を聞くのはためになった。
私は愛国心に燃える女なので、
漢方医学の独自性と、日本人の長寿を考えると、
やはり漢方を支持したくなり、
つい先日迄、顕著な効果があったと周りから聞いている中医学を勉強しようかと思っていたが、
気持ちは非常に揺れた。
漢方医学=世界に向けて売り出し中の日本文化。

日本の宝。

090415_125703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

東洋医学の治療のイメージ

鍼灸:体の調律
漢方薬:体を構成している物質の不足を補うか、正しいものと置換する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

素問より

聖人は、すでに病んでしまったものを治すのではなく、未病を治すものである。また、国が既に乱れてしまってから治めるのではなく、まだ乱れないうちによい政治を行うものだ、と古くからいわれる。病気になりきってしまってから薬を服んだり、国が乱れてから政治を行うというのは、たとえていうなら、咽が渇いてから井戸を掘ったり、戦いが始まってから兵器を製造するようなもので、遅きにすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

今日考えた東洋医学と西洋医学

東洋医学
調和の医学。
人間も生物なので、あくまでも通常の生命活動の行為の中で体を元に戻す。体を強化する食物を濃縮して摂取する。

西洋医学
戦いの医学。
人工で自然に対抗する。この世に無かった化合物を戦士として体内に送り込み、病原と戦わせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

東洋医学によるメンテナンス

物体としての肉体の補修:漢方薬
グリースアップメンテナンス:針灸
エネルギーの充填:気功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

自律神経失調症と呼ばれる症状に東洋医学が有効な理由

自律神経失調症は要するに「その他の雑病」で、いろいろな病名がつけられている。最近ネットサーフィンしていたら、こういう記事をみつけた。

http://lllaser.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8dfe.html

精神科分野のものではないとしているが、非常に少数派のご意見だと思う。

西洋医学は病名治療なので、自律神経失調症状のある患者にいろんな病名をつけられるようである。これは要するにまだまだ判っていないのだということを示しているのだと思う。

これに対し、東洋医学は病名は無く、そこに患者と症状があるだけとの事なので、治療方針がみつかる。現状では東洋医学が最も有効な策のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)